〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-22-45 西新宿ビル

在籍確認 アリバイ会社 

  • 0

在籍確認 アリバイ会社 

Category : 未分類

最近のクレジット審査が変わってきました、信販やキャッシングカードの与信は5年周期で更新していくと言われています。過払い金請求騒動が落ち着いてきた現状で、金融会社の合併も進み銀行を中心とした企業グループになってしまいました。もはや過去の中小消費者金融は絶滅状態で懐かしい社名が数社生き残っている程度です。クレジットカードもあのダイナースカードでさえ国内では三井住友銀行グループに吸収されてしまいました。在籍確認や在籍証明も与信重視の審査方法で昔とは方法がまったく変わってきています。
ご利用事例。
在籍確認で一番気を遣うのが、恋人関係や近親者からの在籍確認の電話です。中には感情的になっている方や会社に問い合わせするのに非常識な言葉で問い合わせしてくる方もおります。先日も中年の女性の方が、夫からの電話に対応してほしいとのこと要望がございました。おそらく内緒にしているアルバイトを旦那さんに疑われての相談です、旦那さんは在籍確認の電話をすると一点張りで困り果てたようです。利用者様の実際の勤務先や市外局番をヒヤリングした上で、最適だと思われる在籍会社をご案内してご主人からの在籍確認の電話に備えて無事に嫌疑が晴れたようです。後は利用本人の努力も必要でしてアリバイ会社の在籍確認にも限界があります、最低限のアドバイスをして在籍期間中は疑われることが無いようにしてもらうしかありません。

食べてはいけない「国産食品」実名リスト。
週刊新潮の記事にて思い切った特集記事が掲載されています、新潮社は広告に影響しないのでしょうか。子供のころは食べてはいけないリストの食品を毎日のように食べてました。ここ10年は食材に気を遣っているので、加工食品や調味料に危険な油は食してませんが、時間のない主婦や無関心な方は気にしないで食べてます。興味のある方は記事を確認してみてください。


Leave a Reply