〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-22-45 西新宿ビル

在籍証明書 在籍証明 オフィスエイジア

  • 0

在籍証明書 在籍証明 オフィスエイジア

Category : 未分類

在籍証明とは個人が団体や会社組織の所属して席があります、在籍しています、その証明を在籍証明書とも言います。在籍証明の確認は電話での問い合わせであったり書面にて所属する団体や会社が、社印社判を押して何月何日から何々が在籍していますよの証明が在籍証明書といいます。在職証明書、採用証明書も在籍証明になります。在籍証明は金融機関、ローン審査、クレジットカード審査、賃貸入居の審査での専門用語と言ってもいいでしょう。在籍証明書を提出する機会は通常の日常生活では滅多にありません、住宅ローン、ビザ申請、公的機関での手続き、それほど提出する機会は多くないのです。
在籍証明書、在籍証明の方法や証明書の取り扱いも個人情報保護の改正により扱いがデリケートになっております。個人の在籍を証明するために個人情報を証明書として提出する責任が重くなってきているのです。これからは本人の同意を得て在籍証明、在職証明書を外部に提出するといた一文を加えて証明書を作成しないといけませんね。そうは言っても簡単な手続きに使用する際の在職証明書、在籍証明書は安易に発行提出しています、在籍証明の電話確認も余程の大企業や公官庁でもない限りは「何々課の何々さんはおられますか」の外部問い合わせの電話にも何も意識せずに応答しているのが現実です。
この個人情報保護法によって、簡単だった電話での在籍証明に障害が出てきたのが、クレジットカード会社、消費者金融の業界です。滅多にありませんが、中小企業でも「個人情報保護により詳細はお答えしかねます」と対応されると審査が通過しなくなってしまいます。これによって、よりいっそう個人の与信記録が最優先で重視さています。この現代社会において誰しもが、何らかの割賦販売契約やクレジットカードを利用したことがあるとの前提で審査が行われています。過去5年以内の与信記録の勤務先情報に変更がなければ職場に在籍、在職証明を行う手間を省略しています。これも信用に値する与信記録の情報と実績がないと判断されると電話での在籍、在職証明が必要となってしまいます。


Leave a Reply